国後島

森林と湖と火山、溢れるように湧く温泉。
草原には馬の群れが疾駆し、新しい開墾の響きが聞こえる島
そして豊かな海の恵みの尽きない島です。

このページの左の段に、島内各地へジャンプする案内板があります。
クリックしてください。

爺爺岳の山ろくに自生する大フキ
「写真集・懐かしの千島」国書刊行会 昭和56年所収

*上空4万メートルから国後島を見てみよう
下図はDAN杉本氏作成の国後島30m標高メッシュを使用して、数値地図を立体視 するソフト「カシミール3D」で作成

*難読地名
泊⇒とまり
古丹消⇒こたんけし
東沸⇒とうふつ
秩苅別⇒ちぶかりべつ
古釜布⇒ふるかまっぷ
植内⇒うえんない
留夜別⇒るよべつ
乳呑路⇒ちのみのじ
礼文磯⇒れぶんいそ
岡布⇒おかっぷ
白糠泊⇒しらぬかどまり
安渡移矢⇒あといや
羅臼山⇒らうすさん
爺爺岳⇒ちゃちゃだけ

⇒村役場所在地
⇒駅逓や港湾jの所在地
    

   
行き先を下から選んでクリックしてください。
泊と泊山
古丹消温泉
東沸湖と材木岩
羅臼山と漱石温泉
古釜布と大谷地湿原
爺爺岳と乳呑路
国後島の北部をぐるり
国後島の航路
国後島の駅逓
バックのイラストは「オオチシマヒキノカサ」(キンポウゲの仲間)
 (「千島列島植物図鑑」(北部軍司令部・昭和20年/1945年)より
旅行の前に
●ぐるっと地形を見てみよう
国後島は知床半島と根室半島に南西のしっぽを握られるようにして始まり、北東に長く伸びています。長さはおよそ120キロ。幅は24キロほどで、 沖縄本島より、ひとまわり大きく、大阪府のおよそ8掛けの大きさです。 千島火山帯はやや北西側に偏って走っているために、西側(オホーツク海側)の海岸は急峻で、平地は東側(太平洋側)に多く開けています。 このため、大きな村や集落は東側に集まっています。 さて、南から地勢をみてみましょう。南部の泊から泊山 (543m)に向かって、ゆるやかにのぼり、東沸あたりで一度下ります。東沸湖の湖面の標高は わずかに数メー トルです。ここから再び羅臼山(888m)まで急な高まり を見せ、また古釜布の低地に下ります。この古釜布の 後背地は美しい湿地で、東沸湖と同様に標高は低く、 ニキシロ湖まで広がっています。 そして、ふもとに針葉樹の大樹海を広げた東北端の名山・爺爺岳(1822m)、北端のルルイ岳(1485m)へとかけのぼり、一気に国後水道へと落ち込んで終わります。 河川には大きなものはありませんが、水は豊かで水質に恵まれています。また、内地の尾瀬沼や北海道の釧路湿原のような美しい湖沼や湿原が点在しています。 植物、動物とも、北海道と大きな違いはありません。 「クナシリ」の名はアイヌ語で「黒い島」に由来するといわれますが、その名のとおり、全島が緑濃い針葉樹でおおわれた「森の島」なのです。

●気候は温暖
年間平均気温は7〜8度で、札幌と同じくらい。むしろ、北海道の内陸部より、ずっと温暖なのです。海洋性の気候のために、寒暖の差が少ないからです。積雪は 吹きさらしのためにそれほど多くはありません。 流氷は北海道より少し早く、2月に到来して居座り、4月下旬にようやく「海開け」を迎えます。初夏になると、やっかいものの「海霧(ガス)」が東の海上で発生して、 西に向かって流れます。千島火山帯の東側と西側とでは、ちょうど本州の日本海側と太平洋側のように気候の差があり、島人はオホーツク海側を「西前」、太平洋側を 「東前」とよんでいます。この違いを利用して、たとえば冬の馬の放牧は東前に移動するようにしたりします。

●人口と行政、教育
定住する世帯数は1453世帯、人口は8341名(昭和14年当時)。村は泊村、留夜別村の2か村です。
学校は尋常高等小学校が7校、尋常小学校が7校、生徒数は1384名、教員は代用教員も含めて36名でした。なお、通学距離はもっとも遠いもので2里(約8キロ)ですが、 「児童の出席状況は、その成績極めて良好なるものあり」(「千島調査書」北海道庁・昭和16年)とあります。

●産業は漁業中心だが、農地開発も
水産業がもっとも盛んで、主な漁獲はサケ、マス、タラ、ニシン、オヒョウ、メヌケ、カジカなどの魚類のほか、 タラバガニやハナサキガニ、ケガニなどのカニ類、ホッカイシマエビなどのエビ類、貝類ではホタテ、ホッキなどがあります。 このほかコンブ、ノリ、寒天の材料となる伊谷草などの海藻類の産額も大きい。特筆したいのは、明治の時代からサケ・マス の人工ふ化場が各所に設置され、資源保護に大きな努力が払われていることです。
農業では昭和14年から大規模な農地の開発計画が始まりました。ジャガイモ、トウモロコシ、エンドウ、キウリ、 ハクサイなど、ほとんどの作物の栽培ができることが確かめられています。土壌はたいへん肥沃なのです。
千島の農業は片手間の自家用に営まれる程度で、専業農家はたいへん少ない状況で、国後島もその例外ではありません。 千島の定住人口が少ないのは、漁業中心の「出稼ぎ」型に留まっているからです。そこで、道庁では農地の開発に着手し、 農業の移住者を増やし、漁業と農業のバランスのよい島づくりを図ろうとしていました。まさに国後島はそのフロンティア になろうとしていたのですが、残念ながら戦争で頓挫してしまいました。

牧畜では馬の飼育がたいへん盛んで2864頭が飼育され(昭和14年)、世帯数で 割れば、一世帯あたり2頭にもなります。乳牛や肉牛の飼育はごくわずかです。 林業は島のほとんどが森林で、エゾマツ、トドマツの良材を産出しますが、営林署が厳重に管理し、森林資源を保護してきました。 営林署では当時から漁業の資源保護には森林が重要であると認識して、河川の周囲の森林保護に力をいれています。 製造業として缶詰工場が多数あり、また、島から産出される良材を活用する製材所などがあります。 鉱業では、硫黄の採掘が多く、また、シベトロ方面で有望な金山が発見されていますが、まだ未開発といっていい状態でした。

林業は島のほとんどが森林で、エゾマツ、トドマツの良材を産出しますが、 営林署が厳重に管理し、森林資源を保護してきました。営林署では当時から漁業の資源保護には森林が重要であると 認識して、河川の周囲の森林保護に力をいれています。
製造業として缶詰工場が多数あり、また、島から産出される良材を活用する 製材所などがあります。
鉱業では、硫黄の採掘が多く、また、シベトロ方面で有望な金山が発見されて いますが、まだ未開発といっていい状態でした

●交通
航路については、国後島は根室から最も近く、頻繁に船が通っていました。また、寄航する港湾も数多くあります。 しかし、いずれも自然の湾を利用したもので、防波堤の設備や船が横付けできる桟橋はありません。人の上下船や 荷物の積み下ろしには、はしけを利用します。また、冬のオホーツク海側は流氷に閉ざされるので、この季節は東前 だけの運航となります。 道路は南部はかろうじて馬車が使える道もありますが、北部の道路状況はあまりよくありませんでした。旅行や輸送は 駅逓の馬に頼ることになります。駅逓の一覧は左の図のとおりです。

●火山帯といえば、温泉。
道庁の昭和14年の調査でも、島内に13か所の温泉が報告されています。泉質は硫黄泉、塩類泉などで、泉温は高いものは 90度に達するものがあります。しかし、「本島は温泉豊富なれども十分利用せらるるもの比較的少なく、自然に流失せる もの多し」と嘆いています。(「千島調査書」北海道庁・昭和16年)

●島人の暮らし向き
泊村の47世帯を抽出した調査によれば、収入が2万円以上が2世帯、15000円〜2万円未満が7世帯、7000円〜1万円未満 が5世帯、5000円から7000円未満が6世帯、3000円〜5000円未満が5世帯、1000円〜3000円未満が15世帯、1000円未満は わずかに7世帯、となっている。当時の島の校長の本給が月額70円であったことと比べても、かなりの高収入といえます。 現在の消費者物価が当時のおよそ1800倍になっていることを考えると、もっとも裕福な層は、現在の年収で3600万円を 越えることになり、また、もっとも世帯数が多いところでも、年収500万円ほどになります。たしかに家族全員で働くと しても、当時の内地の都市部に比べても、ずいぶん豊かであったと考えられます。
     
トップページへ     目次のページへ     サイトマップへ
北の宝島へ/北方領土と千島…記憶の周遊旅行      千島庶民誌研究会      <無断転載を禁じます>