とうふつ

東沸湖と材木岩

大西洋単独横断飛行に成功したリンドバーグが、
今度は夫人のアンとともに太平洋横断に挑戦、
この東沸の湖に着水!

    交通のかなめの町・東沸
  東沸の町の名のは、アイヌの「トウ・ブツ」(沼の口という意味)に由来するといわれます。その名のとおり、東沸湖から流れ出る東沸川が海に注ぎこむ場所です。東沸湖の湖面の標高は海面からわずか数メートルしかないために、流れは緩やかで、川は蛇行しています。この川を春から夏にはマス、秋からはサケが大量に遡上しました。町の付近からはアイヌの人々の遺物が数多く発掘されていて、ここが彼らの豊かな天地であったことをうかがわせます。
このあたりは国後島の最狭部で、太平洋岸からオホーツク海側まで直線にして6キロほどしかありません。東沸湖の南西岸をまわって古丹消(こたんけし)方面、北東岸をまわり、小田富(おだとみ)、秩刈別(ちぶかりべつ)、さらには、ニキショロまで北上する道に通じます。また、泊から古釜布(ふるかまっぷ)に至る幹線道路の中間点にもあたります。
地形図は国土地理院5万分の1より作成。道路と川はフリーハンドで記入したもので正確ではありません。
東沸に営林署の支所がつくられたのは明治42年(1909年)。支所ではエゾマツやトドマツの苗を育て、伐採後の植林をしていた。
このような地の利から町の開発は早く、明治25年(1992年)には 早くも郵便局が開設されているほどです。常住戸数は付近を合わせておよそ110戸(終戦時)。主な産業は漁業で、カニ、ホタテ、ホッキなどの 缶詰工場が あり、出稼ぎの女工さんでにぎわいました。
また、羅臼山の麓の森林から切り出すエゾマツやトドマツの良材を活用する製材所もあり、島内の需要に応えていました。
町の人の楽しみは、9月、サケにさきだって東沸川を遡る、シシャモに似た小魚の「ヒメアジ」漁でした。町では組合をつくって資源を守りながら総出で網を 引き、漁獲は町の人に公平に分けられました。冬に向かう前のビッグイベントだったのです。

東沸の町並み。 背後に羅臼山をひかえ、そのふもとの大森林が町まで迫っている。町の中央を流れるのが東沸川。 浜は定期船の寄港地である。(「写真集・懐かしの千島」同書編纂委員会編・国書刊行会・昭和56年)所収のモノクロ写真「東沸市街」を原図に 色調補正して作成)

東沸南西岸の農園。千島の豊かさは海だけでなく、大地にもある。後方に羅臼山。 (「日本地理風俗大系」 (新光社・昭和5年所収のモノクロ写真『羅臼岳の全容』を原図に色調補正して作成)

ふ化場の職員の家族。サケの採卵、孵化、放流は家族と地域の人々が一体になって行った。 (「写真集・懐かしの千島」国書刊行会・昭和56年所収のモノクロ写真『孵化場の職員家族』を原図に 色調補正して作成
リンドバーグの着水した東沸湖
●湖をめぐってみよう
東沸湖は周囲およそ17キロ、面積にして7.7平方キロで、箱根の芦ノ湖より一回り大きい湖です。魚種は多く、淡水性の魚だけでなく、 海からあがってくる魚も棲んでいます。湖畔はところどころ湿原になっていて、春にはミズバショウが咲きます。
湖の北東岸はシラカバやミズナラなどの林、その背後には羅臼岳の裾野に広がる針葉樹の森林がせまっています。ここらはヒグマのテリトリー でもあります。ご注意を!
南西岸には明治期から入植者が開拓した農園があり、地元では農園地区と呼んでいたそうです。道東ではめずらしいリンゴやナシが栽培され、 根室に出荷していたほどでした。キュウリやカボチャ、ナスなども栽培し、また牧草を島内に供給するほか、酪農もおこなわれていました。 ちょっと、北欧の農場を思わせる風景です。千島というと、海の豊かさだけが強調されますが、実は大地も肥沃で豊かであったことに驚かされます。
福洲崎の北の入り江にそそぐ沢の上流に「北海道鮭鱒孵化場・国後支場」があります。内地の高原のようなシラカバの林に囲まれた孵化場で、毎年、1500万 粒のサケの卵を孵化させ、放流していました。開設は明治23年(1890年)。日本人はずいぶん早くから「育てる漁業」をしていたのですね
●翼よ、あれが東沸湖だ
昭和4年(1929年)8月23日17時05分、択捉島の紗那(しゃな)から根室に向かったリンドバーグ夫妻の単発水上機「シリウス」は、 ガス(海霧)に悩まされて引き返し、この東沸湖に不時着水しました。
その夜、夫妻は漁師の番屋でマス汁をふるまわれて空腹をしのぎ、愛機を湖畔のヤナギにつなぎとめて、機内で一夜をすごしました。翌朝、知らせを 聞いて東沸の町からビールを馬車に積んで駆けつけた清水虎亀与さんと乾杯。7時26分に離水し、そのわずか28分後には無事、根室港に着水しました。 (根室からの航空ルートが早くほしいですね。)
夫妻は千島や根室、東京、大阪、福岡での大歓待に感銘を受け、日本の文化に深い共感をもちました。また、夫妻は日本との戦争に終止反対しつづけていました。 それにしても、あの歴史的なヤナギの木は今、どうなっているでしょうか。

クマにご注意!



アン・リンドバーグの著作

この太平洋横断飛行の記録は「北方への旅」(深澤正策訳・改造社・昭和10年)にまとめられている。この中で彼女は日本の文化、 とくに茶道、日本画への深い理解を書き記している。また、「金の時・鉛の時」(TBS出版会・昭和49年)は彼女の母親への書簡集だが、 今の私たちが忘れがちな日本の文化の豊かさを熱く語っている。東沸湖でのビールの乾杯のエピソードは、この中で語られている。 下の写真は同書より。
福洲崎付近から見た東沸湖と羅臼山。(カシミール3Dで作成)
右上は「シリウス」の簡略図。 3万マイルに及ぶ飛行を達成した機体は1932年にニューヨーク市立博物館に展示され、現在はワシントンの航空宇宙博物館で大切に保存されている。 1970年の大阪万博でアメリカ館に展示された。

ハマナス
バラ科の木で、
海岸近くに群落を
つくる。実は食べら
れる。(「千島列島植物
図鑑」北部軍司令部・
昭和20年)
西海岸を北上して材木岩へ
東沸の駅逓で馬を借り、湖の北岸をまわって、西前(西海岸側を地元の人はこのように呼びます。)に出ましょう。
西前の海はオホーツク海。太平洋と異なり、ずっと穏やかです。岩場と砂浜が交互につづき、ハマナスが群落をつくっています。 なぜか、この海にイカが押し寄せ、浜に生垣のようにイカが積み重なったことがあるそうです。
小田富(おだとみ)の村を過ぎ、次の駅逓が秩刈別(ちぶかりべつ)です。ここで馬を替え、さらに北に進むと、まもなく岬の突端に 「材木岩」が見えてきます。ここは名所で、旅行記や千島の思い出には必ずといっていいほど、取り上げられています。
材木岩は玄武岩質の柱状列岩でできた大きな断崖で、高さは60mもあります。
近藤舟江の「根室要覧」には、景観を「あたかも長き角材をおびただしく海岸にたてかえたるに似て」と説明し、その由来については 「伝えていう、昔武蔵坊弁慶が本島より角材を伐採してこの海岸に搬出し、七里の海上はるか目梨(道東地方)に一大橋架せんとしたる その角材の化石となりしものなりという」と記しています。弁慶はピリカメノコに恋をして、神様の怒りに触れ、せっかく運びだした木材を一夜で石に変えられたのだそうです。
この西前の道は、ニキショロ(ニキシロ、二木城とも書く)へとつづきます。

材木岩の景観。下の人物とくらべると、大きさが分る。(写真集・懐かしの千島」国書刊行会・昭和56年所収のモノクロ写真『材木岩』を原図に色調補正して作成)
            行き先を下から選んで
クリックしてください。
次のページへ羅臼山と瀬石行きボタン
トップに戻るボタン    旅行前に戻るボタン      国後島トップに戻るボタン
     
トップページへ     目次のページへ     サイトマップへ
北の宝島へ/北方領土と千島…記憶の周遊旅行      千島庶民誌研究会      <無断転載を禁じます>