らうすさん       せせき
羅臼山と瀬石温泉

国後島の中央部にひょっこりとそそりたつ羅臼山の山塊。その東西の山麓には、 「九州の別府にも負けない」という豊かな湧出量をもつ温泉群がある。
●国後島のおへそ・羅臼山
知床半島の羅臼の港から国後島を望むと、右に泊山の高みがあり、中央にスフィンクスが寝ているような山塊がよく見えます。 羅臼山群です。標高はもっとも高い羅臼山が888m、その南西にあたる標高800mのピークが小羅臼山です。
国後島の山群は南西端の泊山(543m)、東沸(とうふつ)の低地をはさんで羅臼山の山塊、そして古釜布(ふるかまっぷ)の低地を 経て北部のルルイ岳1486m)や爺爺岳(ちゃちゃだけ・1822m)といった北部の高峰群の3つに区分されます。
この羅臼山群は二つの低地にはさまれた「おへそ」のような多頭の山群といえます。

羅臼山の周囲は大温泉地帯
羅臼山群には大きな3つの硫黄鉱山があります。「日本地理風俗大系・北海道及樺太」 (昭和5年・新光社)には「(羅臼山は)不規則の外形を有し山側に 三個の硫気孔あり各硫黄の堆積あり。南にあるを羅臼硫黄山、東南側にあるをトツカリモイ硫黄山、西側のをシユマノボリ硫黄山と称し (後略)」と記述されています。
昭和5年当時、古釜布小学校の教諭であった村田吾一氏の思い出(「雲流るる国後」中央公論事業出版/昭和38年)によれば、登山は かなり容易ですが、キャンプで1泊が必要だそうです。登山道ではツガザクラ、ガンコウラン、チングルマ、キバナシャクナゲなどの 多彩な高山植物が見られ、頂上付近では内地の山では2000m以上でなければ現れないハイマツ帯が広がります。子どもたちは歯ざわりの よいハイマツの実を食べるのが楽しみでした。眺望はすばらしく、北東には名山・爺爺岳(ちゃちゃだけ)やルルイの高峰群が見渡せ、 南には足下に東沸湖が広がり、その先には泊山、北海道の知床連山、さらに遠くには雌阿寒などの山並みが望めました。
ところで、この一帯は硫黄が産出することでわかるように、大温泉地帯でもあります。「宝庫千島」(寺島柾史著・日本公論社/昭和5年) には「何はともあれ、この島登硫黄山(羅臼山の南西部・筆者注)及び羅臼硫黄山 一帯は登別温泉、別府温泉に匹敵する程の温泉地帯であって、温泉各所に湧出し、湧出量の豊富なることいふまでもなく、オホーツクの碧海 を眼下に眺望する原始的風景は、まさに異境に遊ぶの観あり、北辺の島内に埋れてゐるのは、実に惜しいものである。」 と書かれています。
今なら、夏は登山と高山植物の鑑賞、冬はパウダースノーのスキー、スノーボードと、温泉のセットで名所になっていたかもしれません。
地形図は国土地理院5万分の1より作成。道路と川はフリーハンドで記入したもので正確ではありません。
(右)知床半島の羅臼の港から国後島の羅臼山と小羅臼山を望む。2月中旬、日の出は6時30分前後で朝日はちょうど羅臼山の右からのぼる。
(「カシミール3D」で羅臼山群を作成し、知床の羅臼の流氷と合成)
(下)羅臼山の頂上から東北を眺望すると、はるかに爺爺岳、ルルイ岳が望める。手前は古釜布(ふるかまっぷ)の西にあるニキショロ湖 (ニキシロ湖、二木城湖)。(DAN杉本氏作成の国後島30mメッシュ標高を使用して「カシミール3D」で作成

(下)羅臼山群は不規則な形をした多頭の山群であることが分る、幹線道路は山の東側の海岸線に沿ってつづく。 (カシミール3Dで、高さを強調して作成)
キバナシャクナゲ
「(千島の)各島の台地、高地に生ずる」とある。(『千島列島植物図鑑』北部軍司令部・昭和20年)
ちょっと一息
千島のキャラメル
このあたりの太平洋岸はホタ
テ貝やホッキ貝がよく獲れて、
時化の後には海岸にこれらの貝
が打ち寄せられるほどでした。特に
ホタテ貝は大きく貝殻の直径は30cm
にもなり、秋田県のショッツルの鍋代
わりに出荷されたほどです。貝の身
は日に干し、中国へ高級食材として
出荷しました。海岸には日干しのホタ
テがところ狭しとと並べられていまし
たが、旅行者は「もらうよ」といって口
に放り込んで行きました。生乾きのホ
タテは噛むほど味が出て、「千島の
キャラメル」という人もいます。漁師も
おおらかで、とがめることはありませ
んでした。ケガニはやっかいもので、
干して棒で叩き、身と殻を分け、身の
部分だけを魚粉同様に肥料として
出荷しました。干したケガ
二の身は子どもたちがお
やつ代わりに勝手に
食べていた
そうです
東沸から瀬石温泉へ
さて、少しもどって東沸から幹線の東海岸沿いの道路をたどり、北上しましょう。
東沸を出るとまもなくキナシリの集落。ここに大岩があり、島の名の由来となったともいわれます。(国後島の語源はアイヌ語の「黒い島」の意とも いわれます。まさに針葉樹におおわれた緑濃い島であり、こちらのほうがしっくりいくような感じがします。)
このあたりから道路は時に砂浜になり、判然としなくなります。
砂浜はコンブの干場(かんば)で、漁師にとっては大切な財産です。駅逓で借りた馬がうっかりコンブを踏まないように気をつけましょう。
やがて作万別(さくまんべつ・ここには水力発電の設備をもつタラバガニの缶詰工場があります。)を経て、中ノ古丹(なかのこたん)の集落に到着します。 駅逓があり、ここで馬を交換することになります。

中ノ古丹付近の海岸。狭い砂浜はコンブの干場(かんば)になっていた。 (「写真集・懐かしの千島/国書刊行会・昭和56年」所収のモノクロ写真を原図に色調補正して作成)。
瀬石(せせき)温泉へ
中ノ古丹から北へ、およそ6`ほどで、瀬石の温泉に到着します。遠くから温泉の湯気が高くのぼっているので、すぐにそれとわかります。 村人たちは、この蒸気でもち米を蒸したり、煮炊きにも使っていました。精進川沿いにも温泉があり、源泉の温度はもっとも高いもので90度と 高く、湯量もたいへん豊富です。(現在、ロシア人はこの地熱を利用して発電しているそうです。)
瀬石の海岸には羅臼山の鉱山で産出する硫黄や硫化鉄の積み出しの桟橋があり、鉱山と港を結ぶ搬出用の索道がありました。昭和10年(1935年) ころに、国後島を訪れた旅行家・秋守常太郎は、「しばし、空中散歩を楽しんだ」と記録しています。(「千島旅行」私家版・1936年)
ちなみに「セセキ」という地名が千島の各所に見られますが、アイヌ語で「熱い湯の湧き出す所」の意味だそうです。また、千島の川の名に 「精進川」という名もいくつかありますが、これは魚が棲まない川の意味だそうです。硫黄など有害な温泉の成分が強いために、魚が棲めないの でしょう。






瀬石の海岸の風景。海岸からも温泉が湧き出す。(「写真集・懐かしの千島」所収のモノクロ写真を原図に色調補正して作成)

ランドサット衛星画像を使って高度3500mから羅臼山と瀬石付近を見る
羅臼山と小羅臼山の北西側に白く見えるのは飛行場。平成4年版の国土地理院5万分の1地形図にも飛行場が記載されているが、 これはソ連が建設したもの。。瀬石付近は古釜布(次のページ参照)から町がつながっている。(Earth Science Data Interface/University of Marylandのランドサット衛星画像とDAN杉本氏作成の国後島30mメッシュ標高を使って「カシミール3D]で作成)
            行き先を下から選んで
クリックしてください。
次のページへ古釜布行きボタン
トップに戻るボタン    旅行前に戻るボタン      国後島トップに戻るボタン
     
トップページへ     目次のページへ     サイトマップへ
北の宝島へ/北方領土と千島…記憶の周遊旅行      千島庶民誌研究会      <無断転載を禁じます>