古丹消 (こたんけし) 温泉

湯は40度、心地よく湯船の底から湧いてくる。目の前に知床の山々が四季折々に色を変えて楽しませてくれる。そして目の前の海は魚の宝庫。ここは桃源郷。
   
 

●この一帯が大温泉郷なのです!
古丹消は泊から23キロ、東沸(とうふつ)からですと20キロほどの距離にあり、この町を訪れる人は どちらかの港から徒歩か馬でやってきます。国後島の西回りの航路で直接、古丹消の湾に入ることもできますが、東回りの航路にくらべて便数は それほど多くはありません。
泊から一菱内(いちびしない)湖をまわって沢伝いの小道を下っててくると、オームイの海岸に出ます。このあたりから古丹消までの海岸一帯が大温泉郷。
オームイには「オームイの滝」と呼ばれる湯の滝があります。崖の中腹から、いきなり温泉が滝となって落ち、湯の川が海にそそぎこんでいます。その途中に 小さな沼があり、ここがちょうど頃合の温度となっていて、子どもたちが海水浴に冷えたからだを暖めるのに絶好だそうです。
セセキ(古いアイヌ語で「熱い湯の湧き出るところ」の意味)の海岸もその地名のとおり、温泉があちこちに湧き出ています。

●ここは国後一の風光明媚な温泉です!
この町の定住世帯はわずかに50戸程度、人口は200人ほどにすぎません。温泉旅館は3軒だけ(入浴だけなら無料!)、ほかに駅逓があるくらいです。
北海道庁の温泉の調査によると、湯の温度は40度、硫黄性塩類泉で、キズやカブレにはとくによいとのこと。
旅館の湯船の底の小石の隙間から頃合の温度のお湯が湧き出してきます。湯船の窓の外には知床半島が四季おりおりの色合いに染まります。夏の夜には 北限のヘイケボタルが飛び、冬はオリオン座の星明りに知床の山々が静かに照らされます。
このあたりはどこでも温泉が出ます。多くの家は竹の節をぬいたパイプで温泉を引き込んでいます。また、旅館では「キツ」という1メートル四方ほどの 木の枠を貸し出しています。砂浜の好きなところを掘ってはめ込めば、即席のパーソナル温泉となります。海水浴の子どもたちには大人気です。

●豊かな海の幸と温暖な気候
目の前の海からは、子どもたちでもガヤ(メバル)やアブラコ(アイナメ)、ソイ、カジカなどが簡単に釣れます。 春先にはゴッコ(ホテイウオ)が磯に顔を出して本格的な漁期の到来を告げ、やがて、タラバガニ、ハナサキガニの漁が始まります。夏になると、「まるで嵐の あとの栗林のように、透きとおった水をすかしてウニがびっしりと海底をおおっているのが見えた」
(「国後島・望郷」河々谷誠一・私家版・昭和57年) そうです。冬の結氷後は氷に穴をあけて刺し網を入れ、コマイ(小型のタラの仲間)をとります。一年中、海の幸が入れ替わりでめぐってくる土地柄です。
植物学者の舘脇操(北大教授)は「北方植物の旅」(朝日新聞社・1971)の中でこんな話を書いています。
「『コノワタ好きですか』と問われるままに『大好物』と答えたら、洋皿いっぱいに山盛りしたコノワタが、めいめいの前に出された。さすがのイカモノ 食いの私も、それがグロテスクな回虫のように見えてきて、ちょっと手が出せなかった。(中略)目をつむって口に入れる。やはりコノワタはコノワタだ。 新鮮な醍醐味は芳香を淡白に残して舌にとろける」…そうなのです。古丹消はナマコの名産地。ちょっと贅沢な話ですね。
温暖な気候と地熱のために、作物のできもよいところです。馬鈴薯、サツマイモ、大根、トウモロコシ、などのほか、トマト、カボチャなどの「なりもの 」もよく育ちます。家庭菜園でスイカやブドウを栽培する人もいました。中にはできた作物を馬に積んで東沸まで売りに行く人もいました。


   
地形図は国土地理院5万分の1より作成。
道路と川はフリーハンドで記入したもので正確ではありません。


湯量、景観、そして海と山の幸、あつい人情と何拍子もそろった温泉郷の古丹消。
人口わずかに200名。なんだか惜しいですね。
写真は「雪に生きる」(猪谷六合雄・実業之
日本社・1971)より

まあお茶でも


●猪谷千春の生まれた町

猪谷六合雄(むつお)夫妻が古丹消にやってきたのは昭和4年(1929年)のことでした。彼は群馬県に生まれ、スキーを始めたのは大正3年(1914年)、24歳のときでした。 レルヒ大佐が日本にスキーを伝えて間もないころです。以後、競技者として、研究者として、そしてゲレンデやシャンツェの設計者として全国を歩き、ついには雪を求めて、 この国後島までやってきたのです。
猪谷千春は、この古丹消に生まれました。千島の春に生まれたことが、その名の由来といわれます。千春は昭和31年(1956年)、イタリアのコルチナで開かれた冬季 オリンピックでの回転競技で銀メダルを獲得しました。日本人がアルペン競技でメダルを獲得したのは、後にも先にも彼だけです。
夫妻は千島では当時として珍しいガラスを多用した現代的な山小屋(そのころの千島の家屋は、あまり防寒を考えない日本式の家屋がほとんどでした)を建てて、この地に 落ち着きました。風呂場には、もちろん温泉を引いています。
面倒見のよい夫妻で、北大の山岳部の学生もときおり、この山小屋に泊めてもらっていたことが、北大の山岳部の部報に記録されています。また、裏山にゲレンデやジャン プ台をつくり、町の人や子どもたちにスキーを指導しました。子どもたちはあっという間に上達したそうです。町の人のスキーは彼が素人の大工さんに作り方を教えたもの でした。(手間賃は、なぜか焼酎の四合ビン一本だったとのこと)。
自分自身は毎日スキーの技術研究に余念がなく、パンツも脱いで素っ裸で飛ぶと飛距離が伸びることを発見したりしています。
リンドバーグ夫妻が昭和6年(1931年)、近くの東沸湖に着水しましたが、そのとき、猪谷六合雄氏は夫妻と英語で語り合ったという話も残っています。(彼の著作「雪に 生きる」には残念ながら記載されていません。また、リンドバーグ夫妻の著作にも出ていないようです。)
夫妻は昭和10年(1935年)に千島を去りますが、この地の美しさと厚い人情を忘れる
ことなく、終生、再びこの地を訪れることを願いつづけました。


古丹消に行きたいと思えど、今はこの温泉町は跡形もない。せめて、この旅館の湯船の窓から見えただろう雪の知床を想像してみた。右の山が知床岳、 左が硫黄山です。
(「カシミール3D)で作成)
 
 
 
猪谷六合雄氏と著書
「雪に生きる」
(実業之日本社・1971)
●「雪に生きる」
猪谷六合雄の自伝である同書は、日本のスキーの草創期を知るための重要な資料だが、当時の古丹消の人々の暮らし、自然、子どもたちの遊びなども やさしい眼差しで語られている。彼はこの町の魅力は「人々の人情だ」といい、もう一度この町に帰ることを願いながら、果たさず世を去った。


二代目の山小屋。(初代は残念ながら火災にあった。)「雪に生きる」より

 

古丹消の子どもたち。猪谷の指導であっという間にスキーが上達した。
右端が後の回転競技の銀メダリスト千春少年。3歳の冬。(「雪に生きる」より)
はい、チーズ!
  

 
  行き先を下から選んで
クリックしてください。
次のページへ 東沸行きボタン
トップに戻るボタン    旅行前に戻るボタン      国後島トップに戻るボタン
     
トップページへ     目次のページへ     サイトマップへ
北の宝島へ/北方領土と千島…記憶の周遊旅行      千島庶民誌研究会      <無断転載を禁じます>