国後島北部をぐるり


南の泊の町から始まった国後島の旅も最終コーナーです。
では出発!
●留夜別(るよべつ)村のあらまし
国後島の北部が留夜別村。村の境界線は太平洋側のキナカイあたりから、オホーツク海側の ニキショロ湖の北側あたりまで南西に走っています。(境界線は「国後島トップページにあります。)
地形図は国土地理院5万分の1より作成。道路と川はフリーハンドで記入したもので正確ではありません。
  安渡移矢⇒あといや
白糠泊⇒しらぬかとまり
岡布⇒おかっぷ
礼文磯⇒れぶんいそ
乳呑路⇒ちのみのじ
音根別川⇒おんねべつがわ
植内⇒うえんない
千国川⇒ちくにがわ
爺爺岳⇒ちゃちゃだけ

●は駅逓、イカリの印は港湾


駅逓の馬は客の乗馬の腕を見るとか。
やれやれ・・・

留夜別村の世帯数は485戸、人口は2744人と、泊村のほぼ半分に留まります。(昭和14年当時)
この差は南部が本道に近く、開発が早かったことがもっとも大きな理由ですが、このほか北部は山岳が大半を占め、平地が少ないこと、良港に恵まれないことなども原因としてあげられます。それだけに冒険が好きな旅行者には魅力的な土地柄ですし、これから大いに発展する余地を持っているといえます。
●留夜別村の交通事情 
航路⇒根室からの東回り航路(昭和10年代)の 主な寄港地は植内(うえんない)、乳呑路、礼文磯、白糠泊。臨時の寄港地としてアトイヤ、ソコボイ、ルルイなどがあります。 西回りの航路はシベトロまで。臨時の寄港地としてルルイがあるだけです。
陸路⇒道路は東海岸沿いをぐるりと周回してソコボイまでつづいていますが、道幅はせまく、ほとんど 馬車も使えませんから、乗馬と荷駄で旅行することになります。西海岸沿いには、まったく道はありません。東西を結ぶ道としては、千国川に沿ってトショロに抜ける山道、 留夜別川に沿ってオンネ沼(とう)に抜ける留夜別山道、乳呑路から音根別川沿いに北上して、シベトロに抜けるシベトロ山道の三本が知られます。 (留夜別山道とシベトロ山道は国土地理院の5万分の1地形図に記載がないので、上の地図には記載していません。)
駅逓⇒東側を南から順に北に向かって植内、ポントマリ、乳呑路、岡布(おかっぷ)、白糠泊、ソコボイに あります。西側には周回する道路はなく、鉱山のあるシベトロ近くに大滝の駅逓があるのみです。
ではよい旅を!
植内から乳呑路の周辺      
植内とその周辺の常住戸数は57戸、人口は316人(昭和14年)。 早くから開けた町で、明治期には郵便局が開設されています。主な産業はもちろん漁業です。
道庁の千島調査所は昭和14年ころから、千国川の段丘に大規模な農業試験地を開いています。バレイショ、トウキビ、 キャベツなどの生育はたいへん良好でした。このまま開発が進めば、国後島のもっと豊かな世界が見られたかもしれませんね。


爺爺岳を源流とする音根別川などの川沿いには名物の大フキの群落があった。漬物にすると、 たいへんおいしいそうだ。(「写真集・懐かしの千島」国書刊行会・昭和56年所収のモノクロ写真を色調補正して作成)
また、道庁は流域面積の広い千国川の豊富な水量を活用して、最大出力163kwの 水力発電所を作る計画をしていました。
植内から乳呑路、さらに白糠泊あたりまでの爺爺岳を中心にした山岳地帯はうっそうとした エゾマツ、トドマツなどの大樹海です。営林署ではその保護と管理に腐心していましたが、山林は厳重に保護されているものの、伐採から 植林といった山林の完全な経営までには手が回らなかったようです。

留夜別から西海岸のオンネ沼(トウ)に抜ける山道を行く千島調査所のメンバー。このあたりはシラカバの林で 北海道の風景に似ているとのこと。(「写真集・懐かしの千島」国書刊行会・昭和56年所収のモノクロ写真を色調補正して作成)
白糠泊から安渡移矢岬の周辺    
留夜別村の役場所在地の乳呑路の駅逓で馬を乗り換え、海岸沿いに東へ進みます。 このあたりは爺爺岳の針葉樹の森が、海岸近くまで迫っています。狭い浜辺はコンブの干場(かんば)になっていて、夏の間はところ狭しとコンブが干されていました。 岡布の駅逓で馬を乗りつぎ、さらに東へ。
ビロク沼付近は美しい湿原ですが、地面は比較的硬く、馬の放牧場に好適でした。
馬といえば、国後島は馬の大産地で、全島で2364頭、留夜別村だけで1184頭も飼育されていました。国後島の全戸数1453戸、 留夜別村の戸数が485戸であることを考えると、全島で1戸あたり2頭、留夜別村では、3頭近くを飼っていたことになります。
ほとんど全島が放牧場ともいえ、冬などは馬が家に侵入しないように家のまわりに柵をつくっていました。 牧場に囲いをするのではなく、反対に家の周りに策を作っていたのです。馬が勝手に貯えた野菜を食べたとしても、「そりゃ、柵がしっかりしていないからだべさ」と、 馬を責めることはなかったといいます。
白糠泊には切り出した木材の製材所があります。ここの駅逓でさらに馬を交替、安渡移矢岬 へ。アイヌ語でアトイは海、ヤは陸を意味するそうで、択捉島へ渡るために天候や潮流の状況を見極める地であったようです。択捉島への航路を開いた 高田屋嘉平衛もこの地で潮時を見たといわれます。
突端には灯台があります。

(上)連結ソリの「バチバチ」
木材の切り出しは冬の仕事。雪を利用して、山から運び出した。バチバチは狭い搬出路でも使える工夫の産物だった。 (「国後島・望郷」河々谷誠一編集・発行/昭和57年所収の河々谷誠一氏のイラストから作成)

左)高田屋嘉兵衛の像。(函館市)
(上)安渡移矢半島の稲荷山(187m)から見た択捉島。岬の突端から右に見えるベルタルベ山のふもとまで、20km強しかない。
(カシミール3Dで作成

ルルイ岬沖の海上から見たルルイ岳。左後方は爺爺岳。
(DAN杉本氏作成の国後島30mメッシュ表湖をしようして「カシミール3D」で作成)

精進川にあった建設中の昌徳金山精錬所。
鉱脈は金や銀、銅などの有用鉱物の含有量が非常に高く、金の鉱脈の規模も大きかった。(「千島森林誌」帯広営林局・昭和34年)

ソコボイの滝
爺爺岳とルルイ岳の北側は急激に海に落ち込んでいるために、河川は滝となって海に注いでいる。ソコボイの滝は高さ60mで、海上からも白く浮き立って見えた。
サケやマスがさかのぼり、この滝つぼでたまるので、釣り好きの外国人もよく訪れたという。正装して釣るのが当時の紳士のマナーであったとか。
(「千島写真帖」北海道庁・昭和9年所収のモノクロ写真を色調補正して作成)
ソコボイからルルイ岬へ
国後水道(国後島と択捉島の間の海峡)に面した爺爺岳の北麓のルートは、海側は切り立った崖の連続で危険です。ソコボイの手前に 「念仏坂」という、一本のロープがかかっているだけの危険な崖道があり、郵便局の局員はこの崖を越えてソコボイに郵便物を届けていました。
ソコボイは広い流域水源から豊かな水が注ぎ込む、よい漁場でした。ここにも水力発電の計画がありました。道は、このソコボイで 尽きます。
ルルイもよい漁場になっていて、定期航路の船が寄港しました。
ルルイ岳は標高1486m、爺爺岳に次ぐ高峰です。昭和10年、道庁測量部とともに北大山岳部員が高山植物採取を目的に登山。 ブッシュに悩まされながら尾根伝いに登り、野営1泊で頂上直前まで登っています。頂上付近は高山植物の宝庫であったようです。
 
ソコボイからルルイ岬へ    
西海岸は山が迫り、道路はまったくありません。港湾もシベトロだけです。 ただし、春から秋にかけて漁場が開かれ、番屋が点々とあるため、郵便局員は満潮時には衣服と郵便物を頭にくくりつけて、岩伝いに歩いて各漁場に郵便物を届けました。
シベトロのすぐ北に精進川が注いでいますが、上流の花崗岩層で金鉱脈が発見され、昭和6年に探鉱、翌年採掘を開始しました。 産出額は明らかにされていませんが、鉱脈の規模は大きく、有望視されていました。大滝駅逓所はこの鉱山のために開設されています。ほかにも有望な鉱山があるかも しれませんね。
行き先を下から選んで
クリックしてください。
トップに戻るボタン    旅行前に戻るボタン      国後島トップに戻るボタン
     
トップページへ     目次のページへ     サイトマップへ
北の宝島へ/北方領土と千島…記憶の周遊旅行      千島庶民誌研究会      <無断転載を禁じます>