ふるかまっぷ

古釜布
と大谷地湿原

カニ缶詰のメッカ「ふるかまっぷ」。明るい女工さんの声が聞こえます。
ここはサケとマスがのぼる豊かな海と湖と湿原の里です。そして、かつてはアイヌの人々の天地でした。
●古釜布は缶詰の町
昭和13年当時、古釜布は戸数100戸、常住人口は431名の町で、タラバガニやホタテ、ホッキ貝の缶詰工場が集積していました。春から秋にかけては、 北海道や東北地方から出稼ぎの女工さんがやってきて、賑わいました。
周辺の海岸は時化の後にはホタテやホッキが大量に海岸に打ち上げられるほど、貝の資源が豊かでしたし、町の沖合い、色丹島との中間あたりが タラバガニの好漁場になっていました。
タラバガニの漁法は刺し網ですが、その魚網の網目は8寸(約24cm)と大きく、材質は木綿ですぐ切れるものでした。これは小さなカニを獲らずに 資源を守るためでした。採取されるタラバガニの大きさは、大の男が片側の足を肩にかけると反対側の足が地面につくほどの見事なものが多かった そうです。 (現在のロシアの漁法はカニかご漁法で、この方法では小さなカニもとりつくし、また、万一、 海底にカゴが海底に残されると、カニはカゴに入り続ける恐れがあります。実際、国後島周辺のカニの資源はすでにほとんど枯渇しているといわれます。)
昭和10年(1935年)、この古釜布の地を背景に映画「生命の冠」(松竹映画、原作・山本有三、監督・内田吐夢、主演・岡譲二、原節子)が制作されました。 米国企業との契約にしたがって、あくまで品質を守ろうと苦闘するする缶詰工場の経営者の家族を題材にした映画で、当時の千島の働く人々の心意気と 古釜布の町の様子が克明に描かれています
地形図は国土地理院5万分の1より作成。道路と川はフリーハンドで記入したもので正確ではありません。

ハイ、チーズ!
  映画「生命の冠」にエキストラで出演した缶詰工場の女工さんたち。映画撮影後の記念写真です。彼女たちのきびきびした動作やファッションが、憧れの対象だった。 (「写真集・懐かしの千島」同書編集委員会編・国書刊行会、昭和56年のモノクロ写真を原図に色調補正して作成))
●「クナシリ・メナシ」の戦いと古釜布
千島はかつて北海道のアイヌの天地でした。彼らは航海術にもたけ、複雑な海流ときびしい気候をものともせず、ラッコやアザラシを追って 遠く北千島まで勢力を伸ばしていました。国後島はその北方との交易の中継基地であり、中でも古釜布は重要な拠点でした。
江戸時代になって松前藩が北海道を経営するようになると、藩は経営の基盤をアイヌとの交易に置きますが、やがてアイヌとの交易を商人に 請け負わせて、商人から運上金を徴収するするようになります。請負商人は運上金の回収のために、アイヌの人々に過酷な労働を強制する ようになりました。
寛政元年(1789年)、請負商人の飛騨屋久兵衛の強制労働と暴力に耐えかね、クナシリとメナシ(北海道東部)のアイヌが蜂起し、 松前藩の足軽1名、飛騨屋の支配人や番人など70名を殺害しました。(古釜布でも4名の飛騨屋の番人などが殺害されています。) 蜂起はまもなく松前藩によって鎮圧され、アイヌ側の首謀者37人が処刑されました。この戦いがアイヌの人々の最後の組織的な蜂起で、 以後、アイヌの人々が独自の政治勢力をもつことはありませんでした。*この「クナシリ・メナシの戦い」 については、小冊子ながら好著「クナシリ・メナシの戦い」(根室市博物館開設準備室編・根室歴史研究会発行・1994)に簡潔にまとめられて います。一読をお勧めします。
        
  小説「人間同士に候へば」(三好文夫/水兵社刊・1979))
現代の青年がクナシリ・メナシの蜂起の鎮圧に向かう松前藩の行程をたどりながら、この戦いの実相を追う。
「クナシリ・メナシの戦い」(根室市博物館準備室編/根室歴史研究会発行・1994)
この戦いを簡潔ながら深く掘り下げた好著。児童にも好適の書だ。


(上)オットセイを狩るアイヌの図。彼らは航海術にすぐれ、遠く中部千島、北部千島まで海獣を追った。 (「三国通覧図説」林子平・天明六年/1786年)

(下)クナシリ・メナシの戦いのころに国後島の首長であったツキノエの図。 戦いは彼が択捉島に出ていた時に起きた。処刑された首謀者の一人セツハヤフは彼の子であった。 ([夷酋列像」小島貞喜模写/北尾儀一氏蔵、「クナシリ・メナシの戦い」所収)

●大谷地の大湿原
よく晴れて空気の澄んだ日には根室からも国後島を望むことができますが、爺爺岳(ちゃちゃだけ・1822m)と、円山(476m))から 羅臼山(889m)への連なりの間で島が切れているように見えます。このあたりが古釜布で、その背後にはオホーツク海のニキショロ まで海抜数メートルの低い大湿原が広がっています。
湿原を古釜布湖から流れ出る古釜布川がゆるやかに蛇行し、周辺にはアイヌの住居の遺跡がいたるところに残っています。春から秋 にかけて川にはマスやサケが群れをなして遡上し、ヤマメ、エゾイワナ、ウグイなども数多く生息していました。アイヌの人々に とって豊かな大地であったことが理解できます。いま、かつての日本人の築いてきた国後島の町や村はほとんど跡形もなく消えて しまいましたが、この古釜布だけはスケトウダラなどの缶詰工場を基盤に、ロシア人の中心地として存続していることも、この地の 住みやすさを証明するものでしょう。
古釜布の背後に展開する広大な湿原を、地元の人々は大谷地(おおやち)と呼んでいました。大谷地は土壌が泥炭のために、樹木は 年月を経てもは高く生育できず、矮生で根上りの姿のよいアカエゾマツが採取されました。盆栽には好適で、地元の人々は組合を つくり、資源を守りながら出荷し、春から夏には内地から多くの盆栽業者が古釜布に買い付けにやってきました。タラバガニやサケ、 マスなどの海産物だけでなく、森林の厳重な保護など、国後島の人々は自然の恵みを大切にしていたようです。
さて、古釜布からニキショロまで美しい湿原を横切る、直線にしておよそ10キロほどの道のりは、駅逓の馬でいくことになります。 現在の尾瀬沼のような木道などはもちろんなく、丸太が二本敷かれているだけでしたが、駅逓の馬は器用に丸太を歩いたそうです


●ニキショロ(ニキシロ・二木城)で西前の道路は尽きる
美しい湿原の道はやがてニキショロ湖畔をめぐり、駅逓を経てオホーツク海に突き当たります。泊から続いている西側の海岸沿いの 道路はここで尽きます。ここより北のオホーツク海側の集落へは船に頼ることになります。(ただし、郵便局の配達人は、海に浸かり ながら集落を歩いてまわったそうです。 (「北方領土・高校生が聞いた202話」根室高等学校地理研究部編・日本教育新聞社出版局・平成3年))

●ニキショロのチャシ
「チャシ」はアイヌの人々の築いた砦といわれますが、防衛のためだけでなく、交易や祭りの中心ともなっていたようです。国後島にも数多くのチャシが残っています。上の図はニキシロ(ニキショロ)の駅逓に程近いシブチャリの岬に二重の堀をめぐらせたチャシの遺跡の見取り図です。
(名取武光「ニキシロ付近のチャシの見取図」/1874、『国後島の遺物』羅臼町教育委員会)
衛星画像で見る古釜布付近
右の地図は国土地理院・大正11年測量・平成3年発行の「古釜布」の地形図で、茶色の道路に沿った黒い点が町の建物。 いっぽう、衛星写真では市街が大きく広がっている(白く見える部分)。現在、国後島のロシア人の人口は4000人といわれるが、 その大半が古釜布に集中している。ニキショロまでの道は太くなってて、ここにも建物の集積が見られるが、やはり西海岸を 北上する道は見当たらない。
←Earth Science Data Interface/University of Marylandの衛星画像とSRTM3[スペースシャトル標高データ]を使用して「カシミール3D」で作成
            行き先を下から選んで
クリックしてください。
次のページへ爺爺岳行きボタン
トップに戻るボタン    旅行前に戻るボタン      国後島トップに戻るボタン
     
トップページへ     目次のページへ     サイトマップへ
北の宝島へ/北方領土と千島…記憶の周遊旅行      千島庶民誌研究会      <無断転載を禁じます>