ちゃちゃだけ       ちのみじ

爺爺岳乳呑路

国後島の北東にそびえる名山・爺爺岳。北部の高峰群から流れ出す国後随一の川・音根別川。 そして、この美しい山と川に抱かれた留夜別村の中心の町・乳呑路へようこそ。
 
爺爺岳に登ってみよう!
/ 爺爺岳の「チャチャ」はアイヌ語で「長老」を表すという説があります。裾野に広大な 針葉樹の大樹海を広げ、ほとんど海抜0mから1822mの高みまで立ち上がる山容は「長老」の名にふさわしいものがあります。

島村光太郎「国後島遊記」(北大山岳部部報・昭和4年)より

左図は北大山岳部の島村光太郎氏の爺爺岳のスケッチ。きれいな円錐形で、中央にドームをもっているのが分ります。彼は 「富士山の上に槍ヶ岳をのせたようだ」と評しています。
地形図は国土地理院5万分の1より作成。道路と川はフリーハンドで記入したもので正確ではありません。  
●「イダシベナイ大沢のルート」
代表的なルートは乳呑路から海岸沿いに東へ向かい、賽ノ河原(さいのかわら)の三角点から2つめの『イダシベナイ大沢』から入るルートです。
島村光太郎氏は昭和4年(1929年)7月下旬の登頂記録を「国後島遊記」と題して、北大山岳部部報に発表していますが、乳呑路から賽ノ河原までの行程を、 「山に行く荷物をかついで、海岸の砂地で苦労するのも、他所では余り見られまい。」と書いています。
「イダシベナイ大沢」は針葉樹林の台地が大きくV字に刻まれた枯れ沢です。沢はチシマザサのブッシュで覆われ、見通しもきかず、やぶこぎの連続という苦闘 を強いられます。まずはこの沢を少し登りつめたところで一日目のキャンプ(右下図B地点)
翌日は9時に出発、沢をさらに登り、E地点で昼食。F地点で雪渓に出ます。この付近で標高は 600m。ここで尾根の針葉樹が切れて、ミヤマハンノキに代わります。H地点で露営。このあと3日間は名物の海霧(ガス)で テントから動けませんでした。
さて、ようやく天気も好転のきざしをみせ、H地点を出発して雪渓を登りますが、 7月下旬にチシマザクラの花盛りが見られたそうです。標高800〜900mあたりでハイマツ帯に。灌木帯に入ってからようやく見通しがきき、ここから先は 肩まで砂礫地帯。ハイマツの潅木帯の切れる地点(I)から3時間ほどで肩にとりつきます
いよいよ山頂のドームへ。しかし、強風とガスで視界はきかない中を登攀せざるをえず、残念ながら周囲の景観ばかりか火口原の様子もよく分らないまま下山しています。
●登攀の記録から
もう一つのルート・音根別川の沢から入るルートを、昭和8年(1933年)に京大・三高山岳部の合同隊が登っていて、長谷川清三郎氏が「千島の山」 (梓書房・昭和9年)の中で登山記を発表しています。季節は島村氏とほぼ同じ7月下旬です。音根別川付近は「ヒグマの銀座」。あちこちにクマの足跡があり、ラッパを 吹きながらの登山。ここでも猛烈なササと苦闘しています。3日目に尖塔に登頂。しかし、島村氏と同様に東からの強風に追われ、早々に下山して います。
このほか、地元の教員であった村田吾一氏や山県泰三氏が教え子たちと毎年のように登っており、地元の青年団もたびたび登頂しています。村田吾一氏は、 火口原の白とピンクのコマクサの大群落のみごとさを語っています。見てみたいですね。
●頂上からの眺望
頂上付近の様子を書いたものを探すと、島村氏の登山の10日ほどあとに登った東京水産講習所の岡田喜一氏の記録が、昭和5年の雑誌「山岳」にありました。こちらの方は 好天にも恵まれ、爺爺岳の地形と植生についての非常に克明な報告になっています。溶岩砂礫地帯に入ると、イワギキョウ、エゾツガザクラ、とくにコマクサの大群落が 見られ、高山植物の宝庫であることが分ります。
この中で頂上からの眺望をつぎのように記しています。
「西北方を見れば遠くルルイの尖峯、群峯を従えて座を占め、白雲は切れ飛んで景観を添える。(中略)眼下には第一噴火口内の礫原が坦坦と 砥のごとく、空浮かび行く雲は静々と黒影を引いては過ぎてゆく。右方の礫原には溶岩流の末端、波状描いて黒く火口原内をおおい、(中略)さらに遠く目を走らせれば、 東から西へアトイヤ岬から乳呑路あたりまでの海岸線は手にとるように見渡し得られ、山麓の樹海もすぐ目の下に敷きつめたよう。島を囲む大海原も遥かに遠くつづいては 模糊の中に空と合する」

上)島村光太郎氏の「国後島遊記」に付記された「イダシベナイ大沢」からのルート図から作図。 当時は千島に関する5万分の1地形図など詳細な地図は国防上の秘密として、販売されていませんでした、登山家たちは営林署などで植生図などを参考に筆写して 地図を作成していました。このルート図も当時は貴重なものだったでしょう。

●「千島の山」(長谷川清三郎・梓書房・昭和9年)
「千島の山」は京都帝大と三高山岳部合遠征隊による千島の山岳の登はん記録。北千島の阿頼度富士、千倉岳、国後島の爺爺岳、ルルイ岳、 択捉島のアトサノボリ、単冠(ヒトカップ)岳などを2年をかけて踏破した。美しい写真も掲載され、当時の千島を伝える貴重な資料となっている 。上は「無名の峠より爺爺岳を望む」と題されている。


爺爺岳の大噴火
1973年、爺爺岳は大噴火を起こし、溶岩が流れ出し、樹海の一部を焼きつくしました。 1999年にはビザなし交流の日本の専門家とロシアの専門家による合同調査隊が入り、噴火の詳しい調査や植生などの復活状況を観察しています。 これによると、長い年月はかかるものの森林の復活の兆しが観察できたそうです。たしか、この調査のとき、頂上付近からは(岡田氏もみることが できなかった)択捉島のベルタルベ山が望めたと記載されていたという記憶があります。
ランドサット衛星の画像で見る爺爺岳の噴火口
溶岩流の跡がなまなましく、今も残る。右手に伸びるのは安渡移矢半島。2つのビロク沼が見える。白く見えるのは湿原。右奥に択捉島の一部が見える。Earth Science Data Interface/University of Marylandの衛星画像とSRTM3(スペースシャトル標高データ)を使用して、「カシミール3D」で作成。



乳呑路を海上からながめると、町は爺爺岳の樹海」に抱かれるように見えたそうです。図は「写真集・懐かしの千島」
(同書編集委員会編・国書刊行会・昭和56年)所収のモノクロ写真を色調補正して作図)

"
行き先を選んで
クリックして
ください。
北部行きボタン
留夜別(るよべつ)村の行政の中心・乳呑路
乳呑路(ちのみのじ)は変わった地名ですが、由来はもちろんアイヌ語です。 「チ・ノミ・ノツ」が語源で、「われらが祭る岬」の意味といわれます。背後の爺爺岳、ルルイ岳を中心とする高い山並みから、国後島屈指の大きな川・ 音根別(おんねべつ)川を筆頭に、多くの河川が注ぎ込み、サケ、マスが遡上する豊かな土地柄です。アイヌの人々にとって重要な地域だったのでしょう。 (音根別川にあまりに多くのマスが遡上したために、酸欠で、マスが金魚のように水面で口をパクパクさせたこともあったと、かつての島民が語っています。)
戸数は30戸、人口160人ほどのこじんまりとした町(昭和13年当時)ですが、ここが留夜別村の首都。村役場、警察署、営林署、尋常高等小学校、 郵便局などの行政施設、医院や雑貨商、旅館、駅逓などのサービス施設が集中しています。
主な産業は水産。タラバガニの缶詰工場もあり、春から秋にかけては、北海道や内地(本州)からの出稼ぎの工員、女工さんでにぎわいました。カニのほか、 スケトウダラ、サケ、マスなどの魚類、ホタテやホッキなどの貝類、コンブ漁などもさかんです。
音根別川の上流には鮭鱒孵化場があり、また付近のセオイ川、 クラオイ川などの水質もよく、サケ、マスが遡上していました。
このころ(昭和10年代)の国後島の思い出を書いた文集「国後島・望郷」編集・発行/河々谷誠一/昭和57年)を見ると、 乳呑路に住んだ 多くの人が美しい川のようすや、川筋に花開いたミズバショウや海辺のハマナスの思い出など豊かな自然を語っています。また、春の川ではアメマスやイワナを追い、 夏の夜の海ではカジカやカレイをカーバイトランプで照らして突き、秋の山にフレップ(コケモモやガンコウランなどの果実)を摘んだ、子どもたちの楽しい遊びも 語られています。そして、小学校を中心にさまざまな町の行事や村民の学習が運営されていたことも記されています。
自然と共存し、町の人が楽しく参加する 共同体のような暮らしがしのばれ、これからの千島をどのような姿にデザインしたらよいのかを考えさせてくれます。

トップに戻るボタン    旅行前に戻るボタン      国後島トップに戻るボタン
     
トップページへ     目次のページへ     サイトマップへ
北の宝島へ/北方領土と千島…記憶の周遊旅行      千島庶民誌研究会      <無断転載を禁じます>