交通の要所

留別と冬の表玄関・年萌

(るべつ)       (としもえ)

冬季には流氷で閉ざされる西海岸に代わって、
年萌から留別のルートが島の幹線となった。
 
野斗路→のとろ
振別→ふりべつ
老門→おいと
瀬石→せせき
天寧→てんねい
植別→うえんべつ
単冠→ひとかっぷ

●留別村の村役場所在地

択捉島は西から留別村、紗那村、蘂取〔しべとろ〕村の3村からなりますが、留別は留z別村の中心で、地域の人は親しみを込めて「留別本村」と呼びます。 常住戸数118戸、人口663人の択捉島第2の町です。村役場のほか駐在所、郵便局、尋常高等小学校があり、菓子屋や飲食店もありました。
択捉島の西海岸(西前)は、東海岸(東前)が海産物(コンブ,のりなどの海藻類)中心に対して、マス、サケなどの漁獲が中心でした。主に定置網による もので、漁獲があると、旗をあげました。すると、冷蔵船がやってきて、とれた魚を引き取るというシステムでした。留別もこうした漁業の中心地の一つでした。

●連合艦隊が集結した年萌
春の海明け(流氷が沖合いに去ること)から冬の流氷が来るまで、留別は天然の良港として定期的に船が通います。しかし、冬から春にかけては流氷が湾内に 押し寄せ、港湾としての機能は停止せざるをえませんでした。
この時期、港としての役割を一手に引き受けていたのが年萌です。冬季には年萌で陸揚げした郵便物は馬そりで留別に運び、ここから紗那(しゃな)、内保 (ないぼ)、蘂取(しべとろ)など西前の主要な集落へと運びました。
昭和16年〔1941年)、連合艦隊は密かに単冠(ひとかっぷ)湾に集結し、真珠湾に出撃していきました。年萌や天寧(てんねい)の住民には厳重な緘口令が しかれました。


留別・年萌の写真館

留別の市街。木造の橋脚は後にコンクリートに変わった。
(「千島写真帖」北海道庁・昭和9年)モノクロ写真に着色した。
島調査所の留別試作地。馬鈴薯、大根などの根菜のほか、
白菜などの葉ものの成績も良好であった。(「写真集・
懐かしの千島」国書刊行会・昭和56年)モノクロ写真に
着色

(上〕年萌から留別への幹線道路を、郵便物を運ぶ馬そりの隊列。
(「写真集・懐かしの千島」国書刊行会・昭和56年)モノクロ
写真に着色。
留別川上流にあったサケ・マスふ化場の職員の
花見。桜はチシマザクラ。(「写真集・懐かし
の千島」国書刊行会・56年〕モノクロ写真に
着色した。

(上)留別川上流のクマ。択捉島の
牧畜はほとんど放牧であったために
クマの被害も多かった。(「日本地
理体系」改造社・昭和5年)モノク
ロ写真に着色。

〔上)瀬石温泉。留別と年萌の中間地点にあった。宿泊もでき、大いににぎわった。(「写真集・懐かしの千島」国書刊行会・昭和56年より)。モノクロ写真に着色。




〔左)年萌港。こののどかな湾いっぱいに航空母艦をはじめ主要な艦船が集結し、ハワイへと出撃していった。(「千島写真帖」北海道庁・昭和9年より)モノクロ写真に着色。
       
トップに戻るボタン 旅行前に戻るボタン
       
     
トップページへ     目次のページへ     サイトマップへ
北の宝島へ/北方領土と千島…記憶の周遊旅行      千島庶民誌研究会      <無断転載を禁じます>