内保(ないぼ)から
入里節(いりりぶし)、具谷(ぐや)
を行く
高田屋嘉兵衛ゆかりの択捉島南西部をぐるりと周遊

阿登佐岳
 →あとさだけ
神威古丹
 →かむいこたん
内保
 →ないぼ
萌消
 →もえけし
丹根萌
 →たんねもい
得茂別
 →うるもべつ
西単冠
 →にしひとかっぷ
入里節
 →いりりぶし
具谷
 →ぐや

  
●高田屋嘉兵衛、中川五郎次と内保の浜
内保は古い町です。寛政十一年(1799年)夏、高田屋嘉兵衛は宜温丸(ぎおんまる)を率いて、 国後島の安渡移矢(あといや)岬を発し、8ノット(時速9キロ)の激しい潮流の流れる国後水道を突破して、丹根萌、萌消湾に停泊したのち、内保に 投錨しました。嘉兵衛はここに集落を築いていたアイヌの人々と親交を深めています。この様子は「菜の花の沖」(司馬遼太郎、文春文庫・1987)に いきいきと描かれています。
内保にはもう一人歴史に名を残す人物がいます。中川五郎次です。
五郎次は下北(現青森県)の出身で、幕府の内保番屋の番人をしていましたが、文化4年(1807)内保、紗那を襲ったロシア船2隻に捕らえられ ました。6年にわたる抑留生活の中でロシア語や習俗を身につけ、種痘の技術も学びました。
その後、ゴローニンの解放の交渉のために国後の会所に送られましたが、五郎次はロシア船に戻りませんでした。(代わりに高田屋嘉兵衛が国後島・ 泊沖でロシア船によって拉致される原因ともなっています。)
五郎次はロシア語が堪能であることから函館で足軽に取り立てられました。天保6年(1835)天然痘が道南に発生したとき、函館奉行に種痘を献策、 以後3度にわたって種痘を実施、みごとに蔓延を断ち切りました。長崎経由で種痘が紹介される30年も前のことでした。
昭和13年の内保の定住戸数は43戸、人口201人。阿登佐岳の裾野はみごとなエゾマツとトドマツの美林で秋には大きなマツタケがとれました。、付近の 内保沼(ナイボトー)にはマリモが生息しています。


●丹根萌から東前に
西前の内保からさらに南西に進みましょう。丹根萌には山田牧場がありました。馬は200頭以上、 牛も200頭も飼育する択捉島では最大級の牧場でした。またここからは択捉島を縦断する通信線が海底に入り、国後島の安渡移矢(あといや)岬と結ばれて いました。この通信線は日露戦争の折り、ロシアのバルチック艦隊の動向を察知するために敷設されたもので、その後は南千島の重要な電信線として利用 されていました。
さらに南西に下ると南西端のベルタルベ山(1221m)に至ります。ベルタルベ山は活火山で、うっすらと煙を吐いていました。ここから先は国後水道へと 落ち込んでいます。
東前に回って入里節の集落は定住戸数43戸、人口247人、具谷は同じく23戸、124人(「千島調査書」北海道庁・昭和17年)となっています。東前は西前の サケ、マス、タラなどの漁獲と異なり、コンブや海苔などの海草類を主な生産物としていました。特に黒海苔の「千島海苔」はおよそ畳一畳分もある海苔 をたたんだもので、高級品でした。
これらの留別村の集落(留別本村、内保、天寧、年萌、入里節、具谷)では、毎年、持ち回りで剣道や陸上競技の対抗戦を開いていました。


内保の町並み。町は年々砂に埋もれた。家畜が海岸線の草を食べつくしたためといわれる。奥に神社の鳥居が見える。(「写真集「懐かしの千島」 国書刊行会・昭和56年のモノクロ写真に着色)


(左)丹根萌の海底電線の補修。択捉島の東北端・茂世路から紗那、
丹根萌を経て国後島の安渡移矢(あといや)岬まで海底で結び、
さらに根室 半島の落石まで通信線が伸びていた。択捉・国後間の
海底部分は冬季に流氷のために度々断線した。(山田勇氏蔵の
モノクロ写真に着色)
択捉島南西部の写真館

右)内保付近の森林。エゾマツやトドマツの見事な森林が阿登佐岳(あとさだけ、アトサヌプリ)から内保沼にかけて広がっていた。秋には大きなマツタケがとれた。(「千島森林誌」帯広営林局・昭和34年のモノクロ写真に着色)


(上)神威古丹の製材所所。内保周辺の豊富な森林資源を活用した。木材は島内の造船には北海道や内地にも送られた。(「写真集「懐かしの千島」国書刊行会・昭和56年より)

(左)衛星写真で見る萌消湾。巨大なカルデラがそのまま湾になった。Earth Science Data Interface/Univercity of Marylandによりカシミールで作成。
(上)衛星画像で見た萌消の断崖。このような300メートル以上の急峻な崖が周囲を囲んでいる。清水辰夫の択捉島や国後島を舞台にした小説「裂けて海峡」には、この断崖を登るシーンが描かれている。(DAN杉本氏による択捉島30mメッシュによりカシミールで作成)


(上)千島海苔の天日干しの作業をする一家。海苔はおよそ畳一畳分もあり、千島の名物であり、高価な海産物となっていた。択捉島の太平洋側の特産。 (「写真集「懐かしの千島」国書刊行会・昭和56年のモノクロ写真に着色)
(右)衛星写真で見た得茂別湖の景観。巨大なカルデラ湖であることが分かる。択捉島で唯一ベニサケが上る湖で、湖畔には東洋一といわれる缶詰工場があり、 高級品として主に北米に輸出された。上流には、ふ化場もあった。
Earth Science Data Interface/Univrcity of Marylandによりカシミールで作成。
(右)入里節の郵便局。留別村では内保、入里節、具谷などの集落で陸上競技や剣道の対抗戦が行われていた。(「写真集「懐かしの千島」国書刊行会・昭和56年より)


     
トップに戻るボタン 旅行前に戻るボタン
       
     
トップページへ     目次のページへ     サイトマップへ
北の宝島へ/北方領土と千島…記憶の周遊旅行      千島庶民誌研究会      <無断転載を禁じます>